支 部 活動報告

第16回印旛沼流域環境・体験フェア〜まるごと いんばぬま〜 に参加 報告

  

 平成30年10月28日(日)第16回印旛沼流域環境・体験フェア〜まるごと いんばぬま〜 に参加しました。
 主催は千葉県・印旛沼流域水循環健全化会議事務局(千葉県県土整備部河川環境課)共催いんばぬま水質保全協議会です。
 今回の特色として、水・食・観光等の幅広い視点から印旛沼とその流域の多彩な魅力を発信し、流域圏における人々が集い、様々な体験を通して、遊び・学び・食べることができるイベントであり、産官民学の協働により実施するものです。 

  COFIより虫鹿さん小原さん平井さん白樫さん、今回フェアを仕切ります伊藤(和)精鋭5人でした。
 本来27日28日と2日開催されておりますが前日のあびこ祭りと重なるためCOFIのT岡さんに相談し日曜日の参加となりました。
 昨年は台風の直撃に見舞われ中止となりましたが、本年当日は天候に恵まれ穏やかな天気となり、COFIブースの前にブルブルフィッシングプールを広げ、受付けテーブルにインストラクタ試験パンフレットを置き万全の体制で開始いたしました。

 


  又、勢旗さんの陣中見舞いも有り精鋭5人の志気も高まり和気藹々と1日を過ごせました。  
  満員御礼来場者数約150人 次回の課題としてはお手伝い頂いた方にフェア内をじっくり探検して楽しんでハッピーな1日を過ごして頂きたいです。

 

C.O.F.I   エリア2 海水面4187(よいはな) 伊藤和子

いすみ市沖釣りフェスタ参加 報告

 11月4日(日)夷隅東部漁業協同組合 遊漁船部会主催の 2018「いすみ市沖釣りフェスタ」に参加してきました。  このイベントは、11月3日、4日の二日間にわたって行われ、ヒラメ釣り、タイ釣り、フグ釣り、ルアー釣りの四つの部門に分かれています。 募集人員は700名だそうで、当日見た限りでは、各船ほぼ満船でした。  我々はヒラメ釣り部門に参加しました。
 今年もお世話になるのは初栄丸さんです。  午前4時すぎに受付。 事前に外房支部長の千葉さんが予約を入れていただいており、船代12,000円を払って乗船しました。
 COFIからは、(左舷ミヨシから順番に)山崎さん、麻生さん(千葉さんのお友達)、千葉さん、小高、望月さん、小原さん、金内さん、鈴木(正)さんが参加。  午前4時45分河岸払い。漆黒の海をポイントに向かって走ります。途中釣り談義。ヒラメの食べ方は、やはり昆布締めが一番と、取らぬ狸の皮算用をしていると、およそ30分で太東沖のポイントに到着。  少々うねりはありますが、雨もふらず風も強くなく、いいヒラメ釣り日和です。   

 

 釣り開始時間の5時半に船長の合図で釣りが始まりました。  水深は17m前後。  エサは生きイワシ。  今日のイワシは、15〜20cm。ちょっと小ぶりなのが多い感じです。
 ヒラメ釣りは、風の流れを使って船をポイント上を通過させて釣ります。  従って、風下側が有利と言われています。  そこで、船のスパンカー(船の船尾に付いている、帆のようなもの)を上げずに片舷ごとに風下・風上を入れ替えて釣果に不公平が出ないように船長が操船します。  左舷の始めの流しは、風上です。
 釣り開始早々、大ドモの鈴木(正)さんが本命をあげました。幸先いい。  その後もぽつぽつ本命があがります。  左舷は一流し目で、4匹のヒラメが上がりました。  その後、風上、風下を繰り返し11時の納竿まで左舷で釣れなかった流しは1回だけでした。

 左舷の釣果は、0〜6匹。全部で22匹(くらい)でした。  COFIの竿頭は、6匹で小原さんでした。
 ちなみに、左舷は風上流しで7匹(くらい)、風下流しで15匹(くらい)でした。
 釣り終了後、船宿でお弁当と朝市で使える商品券2,000円分をもらい、港の朝市で買い物をして帰路につきました。
 皆さんお疲れ様でした。来年も楽しみにしています。

 

C.O.F.I 外房支部 小高久大

あびこ祭り参加 報告

    

 10月27日(土)参加が2度目となります中央学院大学主催の「あびこ祭」に参加致しました。

 当日の天気は雨の心配もされましたがおおむね晴れに恵まれ無事に終えることが出来ました。 今回協力頂けましたメンバーは19名。

会のメンバーが16名、一般でお手伝い頂きました方が3名と皆さんには大変御世話になりました。

     開催内容としましてはブルブルフィッシング、オモチャ釣り、おかし釣り、くじ引きとキャスティング体験の5種を行いました。

 終日天候には恵まれたものの残念ながら人の入りがいまいちで、雨に降られた昨年より少なく感じられました が、昨年は悪天の為に中止しましたキャスティング体験も今年は最後まで行う事が出来、多くのちびっ子達や会員達もキャスティングの上手なルアー釣りの方達から色々と教えて頂き楽しい時間を過ごせたようです。

    イベント終了後には柏に移動し10名で懇親会を行い、様々な釣りの情報や釣果などの話に花が咲いたようです。

 今回参加して頂けました皆様と御協力頂きました皆様には心より感謝します。

来年も宜しく御願い致します。

 

C.O.F.I 市川松戸支部 富岡大輔

第21回 船橋市環境フェアー 報告

    平成30年6月23日(土)船橋市の主催による恒例の環境フェアーが開催されました。 開催会場は、この度公民館から海に近い船橋3番瀬海浜公園・学習会館での開催となりました。 当日のCOIFスタッフ7名、幹事は、船橋市の環境政策課主催の事前打ち合せ会 ― 委員会に出席し、現地事前調査を市職員の立会いで行い、当日の日陰の確保(熱中症予防)と雨天等を予想し、場所の選定・確保、水道設備、ホースの準備、並びにパイロンの設置の準備等、委員会側 にお願い、当日の実施となりました。 関係資料の事前封入作製、のぼり旗、プール2個、ブルーシート、ブルブルフィッシング、拡声携帯マイク等事前準備。

 

    COIF広報パンフのパネル展示ブースでの個別配布の実施。又、イベント会場では、事故の無い様『安心・安全・釣り体験の楽しさの提供』が出来る様、疑似体験ではありますが、釣りの技術指導、釣りのマナー・ルールの遵守(リリース等)、落水(昼休み休憩時のブルシート・パイロンの設置⇒富岡様アドバイス)・海難事故の防止等、特に封入のパンフレットの中身の具体的な説明(小原様の釣り技術説明⇒大人子供が納得・ぜひ参考にしたいとのこと)を致しました。   デジタル防水時計のくじ引き、飴の配布等、予めの関係者との協議により万全の事前準備により、ご参加頂いたご父兄、子ども達の皆様方、大勢の方々から、、『あ〜楽しかった、楽しかった』との声が会場内に響きわたり、スタッフから又来年も来てねー、、!とお声をかけ、後半、雨にもかかわらず、成功の内に終わることが出来ました。

   当日午後からは、あいにくの雨模様となり、前もっての幹事からのスタッフへの案内をさせて頂いた通り大雨なり、強風の為、気温も下がり、ウインドブレーカーの上に帽子付の雨カッパ着用されたスタッフの方も居られました。  4時終了の時間が真近い雨中、最後まで子供たちの楽しい声を聴くことが出来ました。  荷物の搬入・搬出、重い荷物の車への積み込み、後かたずけ、ずぶぬれで寒くなり大変お疲れ様でした。  誠に有難うございました。  この度の開催に当たり、協力頂いた船橋市の職員の皆様並びに事前アドバイスを頂いた村尾会長初め、COIFのパンフレットを自宅までお届け頂いた広報担当役員、そして各スタッフの皆様方大変有難うございました。  ここに感謝・お礼を申し上げます。  次回、来年もまた安全で安心のできる、楽しい、楽しい、ご案内が出来る様頑張っていきたいと思います。  引き続き宜しくお願い致します。
 『これからのCOFI、将来への明るい未来と繁栄、そして成功へ向けて!』  大変有難う御座いました。

 

C.O.F.I 船橋支部  佐藤浩藏

いちはら環境フェスタ 報告

   6月9日(土曜日)に「いちはら環境フェスタ」に参加しました。  一昨年は大雨、土砂降りの中で開催されフェスタ終了の1時間前にようやく晴れ間が出ました。  そして昨年は木更津うみ祭りと日程がダブり不参加。本年はピーカンの太陽ギラギラの中、テントの支給もないまま炎天下の下でのブルブルフィッシングとなりました。  イベント会場は車4台分の広々スペースをお借りし、ブルブルフィッシングのプール1つ、そして掲示ボードをお借りして当会の活動を写真展示しました。  今回COFI参加者は小原さん、池上さん、望月さんご夫婦、渡邉さん、村尾の6名でチャレンジ。  223名の子供たちにブルブルフィッシングを行いました。  会員は皆バテバテになってしまいましたが、とても充実したフェスタになりました。

 

  忘備録として書いておきますが、申し込みは書類の郵送とメールだけで、事前打ち合わせ等はなし。  当日は朝7時からイベント資材等の納入ができ、イベントブースに車が横付けできます。  お昼は会場となりにセブンイレブン、徒歩5分圏内にデニーズとガストあり。  もちろんフェスタのイベントで飲食コーナーがあります。  10時から15時までの開催。片付けを含め15時半には解散できます。  牛乳パック集めておいてトイレットペーパーと交換可能。  料理で使用した廃油も商品と交換可能。  再生自転車は防犯登録付きで5,000円也。  その他フリーマーケットで買い物可能。  生花や花の種の配布もあり。  けっこう盛沢山の環境フェスタでした。  翌日の鋸南町シロギス沖釣り大会に参加するメンバーが4名ほどおりました。 みなさんお疲れ様です。

 

C.O.F.I 市川松戸支部 村尾

いちかわ環境フェア 報告

   6月3日(日曜日)に市川市内ニッケコルトンプラザにて「いちかわ環境フェア」が開催されました。  朝は日陰でまずまずの場所でしたが、昼前から炎天下の灼熱地獄となりました。  今年は料金制で1回100円のブルブルフィッシングを行いました。  おなじみのピンポン玉くじ引きの商品は防水デジタルウオッチ。  青10個、ピンク6個が当たりました。

 

 COFI参加者は金原さん、坂田さん、佐藤さん、鈴木さん、土井(広)さん、土井(勢)さん、富岡さん、堀田さん、望月(栄)さん、望月(貴)さん、村尾そして日本釣振興会の小林さんの計12名。  プール2個でブルブルフィッシングを行い335名の子供たちとふれ合うことができました。  昨年は600名の参加者で大忙しでしたが、今年は施設内が工事中、そして料金制にしたためか参加者減でした。 このイベントは日本釣振興会に協賛していただきました。 今後もご支援よろしくお願いいたします。

 

C.O.F.I 市川支部  村尾

第44回松戸市こども祭り参加 報告

今回、当会で初めて松戸市主催の第44回松戸市こども祭りに参加しました。

  ゴールデンウィーク後半初日の5月3日、かつ好天に恵まれ、来場者数2万人という大盛況の中、会場のメインステージの直近に我々のブースを設置させていただきました。 10時半からのイベント開始にもかかわらず10時前から順番待ちの列が並び始め、15時の終了まで、子供たちの列が途絶えることがなく大盛況のうちにイベントが終了となりました。

 

 ブルブルフィッシングは、ビニールプールに水を張り、口に磁石が着いた魚を釣り上げると、本物のようにブルブルと震えながら釣れる玩具なのです。
 今回参した子供は予定を大幅に超える671人となりました。  


 体験した全ての子供たちが釣果に目を輝かせながら楽しんでおりましたので、今後、実釣の喜びを味わって貰えれば、将来の釣りキチが増えることは間違いないと確信するとともに、あらためて釣りを通じて、笑顔になれるということが実感できる一日となりました。

C.O.F,I  市川松戸支部  伊藤栄・友夏